第3回大阪府建築家協同組合
「設計者のためのBIMセミナー in 大阪」


2012年5月の第1回では「BIMとは!」を題材に、9月の第2回は実際のユーザー様による「建築家、アトリエ事務所の活用セミナー」で事例を紹介し、今回の第3回では、BIMモデルを利用した、集団規定など法規チェックと、積算への利用について紹介致します。【CPD申請中】



■開催概要
2012年12月7日(金)15:00~17:30 (開場:14:30)
定員:30名
会場:大阪建築会館3F 会議室
アクセス:大阪市中央区農人橋2‐1‐10 大阪建築会館3F

主催: 大阪府建築家協同組合 / グラフィソフトジャパン株式会社

■プログラム
15:00-15:40 『企画段階でのBIMモデルの利用と法規チェック』
BIMモデルを利用し、企画段階で素早くボリュームスタディを行い、
集団規定の検討を行う手法を、「Muss Plan」と「ADS-BT」を使ってご紹介します 。
講師:生活産業研究所株式会社 田澤敏之

15:40-16:00 『BIMモデルの作り方』
2次元CADとは異なる、BIM対応ツールでのモデリング方法のエッセンスをご紹介します。
講師:グラフィソフトジャパン株式会社 笠松哲司

16:10-17:10 『BIMモデルの積算への活用』
意匠設計3次元データから、IFC経由で建築概算数量だけでなく、数量積算基準に基づく実施
詳細積算まで、データの継ぎ目なく連動が可能になりました。
最新の情報をBIM対応3次元建築積算システム「ヘリオス」を使って紹介致します。
講師:株式会社バル・システム 伊藤文彦様


お問い合わせ
グラフィソフト ジャパン株式会社 セミナー事務局
TEL:03-5545-3800