ADS8 日影計算【動画マニュアル】


title_日影計算

ADS8 日影計算機能の基本を動画で紹介します。

ADSは20年以上前にリリースされて以来、法規改正やOSの変化、ユーザー様の声とともに進化を遂げ、計算精度は着実に進歩し、大手ゼネコン・設計事務所様のシステム導入時のチェックをパスし、高さ制限解析ならADS・日影計算ならADSという信頼を得ることができました。こちらではその日影計算の基本操作や、よくあるお問合せを動画にてご紹介いたします。


日影計算の基本操作
日影計算の設定から、形状図計算・等時間計算の方法の基本解説の他、日影規制ライン上で日影時間の簡易チェック(規制ラインチェック)の基本操作。





日影計算の基本操作
日影計算で特定点を設定し【半天空図】を表示する事により、日影に影響がある建物部分を確認する事ができます。これにより日影の影響部分を分かり易く確認する事ができ、日影のチェックをスムーズに行います。





等時間日影図の計算で計算結果が表示されない(一部が途切れる)場合
等時間日影図の計算で計算結果が表示されない(一部が途切れる)ケースがあります。 その際は、計算方法を変更し再計算を行います。(自動検索計算(追跡法)→規制時間計算(メッシュ法)へ切り替え)





tomoviemanual.png
(動画マニュアル.com内)
ADS8の天空率計算、逆天空率計算、日影計算、斜線・逆日影解析】の操作を解説しています。
東京方式・JCBA方式・新JCBA方式の設定方法や入り隅敷地の処理の解説も。