ArchiCADアドオン ボリュームスタディツール【MassPlan for ARCHICAD】 のご紹介


  MassPlan for ARCHICAD 機能紹介

MassPlan for  ArchiCAD(マスプランフォーアーキキャド) ArchiCADのモルフ・ゾーンオブジェクトを最大限に活用したボリュームスタディツール

ArchiCADの"モルフ・ゾーン"オブジェクトは、ボリュームスタディを行う上で画期的なオブジェクトではありますが、"建物全体のスタディから面積集計"等へ利用するには、多少煩雑な操作が要求されます。「MassPlan」は、これらの問題を解決するべく、モルフツールで作成されたオブジェクトから各階毎の面積集計及び面積表の作成は勿論のこと、ラフボリュームで作成されたモルフ・ゾーンオブジェクトに対して壁・スラブ及びフロアスライス等の自動生成機能を備えたアドオンシステムです。



この様な方におすすめ


■スタディレベルで構築されたArchiCADのゾーン・モルフオブジェクトを壁・スラブに変換したい
■モルフオブジェクトをゾーンオブジェクトへ変換(フロアスライス)したい
■ゾーン・モルフに対して面積集計を確認したい
■面積集計した結果をExcelへエクスポートしたい

MassPlan for ARCHICADを活用する事で設計効率が上がります。

MassPlan for ARCHICAD動画紹介






よくある質問


Q.MassPlanの面積集計はどのように行っているのですか?
A.MassPlanの面積集計は、ArchiCADの"ゾーンカテゴリ"がベースとなっています。ゾーンカテゴリ毎に"集計項目"(任意作成)を割り当て、更に集計項目毎に面積属性を割り当てしておくことで面積集計可能となっています。また、プロジェクト単位等で異なるゾーンカテゴリも、都度登録又は切替ができますので、一度登録しておくことで再利用が可能となります。

Q. MassPlanの面積集計におけるゾーンのレベルはどこで行っていますか?
A. MassPlanの面積集計は、ゾーンを設定している上階のフロアレベルか、各階における任意のレベル 設定により行っています。よってArchiCADのデフォルトのゾーンで面積集計を行う場合は、任意のレ ベル設定を行う必要があります。

Q. モルフオブジェクトは、そのままMassPlanで利用できますか?
A. MassPlanをインストールすると、"モルフの設定"ダイアログボックス内に"マスプラン"の項目が追加され、"ゾーンカテゴリ"が設定できるようになっています。事前にモルフ毎にゾーンカテゴリを設定しておくことでMassPLanでの利用が可能となります。"