VectorWorks2014用ADSコンバータ リリース

この度、VectorWorks2014用のADSコンバータをリリース致しました。

ADSのネイティブデータ(cw2)を利用したプラグインコンバータで、ADSでVectorworksのモデルデータを利用するだけでなく、ADSのボリューム結果等をVectorworksで利用することも可能です。

 ※Vectorworks2014 で動作するプラグインコンバータです。
 ※Vectorworks2014 WINDOWS版のみでの対応となります。
 ※Vectorworks2013 以前のバージョンの方は、対応バージョンのコンバータをダウンロードしてください。

ADS コンバータ for Verctorworks は、ADS8(ADS-win、ADS-LAX、ADS-LA)とectorworks2014 のデータ連携を行う Vectorworks 用プラグインコンバータです。

■ADS のデータを Vectorworks で利用する場合
 ・ADS でシミュレーションされたボリューム結果を Vectorworks に取込み
  建築可能空間の目安として利用できます。
 ・ADS のネイティブデータ(.cw2)を取り込む(インポート)ことが可能です。

■Vectorworks のモデルデータを ADS で解析する場合
 ・Vectorworks でモデリングされたデータを ADS で利用できます。
 ・ADS のネイティブデータ(.cw2)としてエクスポートすることが可能です。
 
下記よりお申込下さい
ADXコンバーターダウンロード


― コンバータ概要 ―
VW2014flow.jpg





2014年3月13日
生活産業研究所株式会社