工務店 ハウスメーカーによる 天空率活用

工務店 ハウスメーカーによる 天空率活用

平成15年1月1日より施行された天空率制度は、従来の高さ制限(道路斜線・隣地斜線・北側斜線)の斜線制限の緩和が可能となり、施行当初は一般的に中高層建築物に有効な緩和規制、容積消化率の向上としての利用が多くありましたが、
中高層の場合

■現在は、戸建・低層建物での天空率利用が増えてきてます。

低層・戸建の場合
主に道路斜線の緩和として ・狭小地での天空率利用 ・3階建ての実現 ・デザインの拡充「外観デザインの幅や室内空間が広がる」 ・庭(空地)の確保「北側等へ建物を寄せることによる空地確保」 ・屋内空間の確保 etc のメリットがあり、他社との差別化、顧客満足度向上へとつながる事もあります。



2015年7月
生活産業研究所株式会社