MassPlan for ARCHICAD Ver4.14をリリース

MassPlanVer4.14タイトル

この度、グラフィソフト社ARCHICAD18アドオンシステム モルフ・ゾーンを活用したボリュームスタディツール「MassPlan for ARCHICAD」 のVer4.14をリリースいたしました。
 
矢印  MassPlan for ARCHICAD Ver4.14は、Ver4.13の修正版です。
  エレメント変換の『窓の作成』の一部不具合を修正


MassPlan for ARCHICAD の ArchiCAD18対応版を既に導入されている方へは、別途ご案内をお送りさせて頂きますので、ご確認ください。
また、この他ご質問などがありましたら弊社サポートセンターまでお問い合わせください。



2015年7月31日 生活産業研究所株式会社



  MassPlan for ARCHICAD とは・・・

ArchiCADの"モルフ・ゾーン"オブジェクトは、ボリュームスタディを行う上で画期的なオブジェクトではありますが、"建物全体のスタディから面積集計"等へ利用するには、多少煩雑な操作が要求されます。「MassPlan」は、これらの問題を解決するべく、モルフツールで作成されたオブジェクトから各階毎の面積集計及び面積表の作成は勿論のこと、ラフボリュームで作成されたモルフ・ゾーンオブジェクトに対して壁・スラブ及びフロアスライス等の自動生成機能を備えたアドオンシステムです。
さらにARCHICAD18対応版より「カテゴリー集計」新機能が追加され、病院施設などのゾーン分類ごとの面積集計が可能となり、更に機能が強化されました。

MassPlanVer4.13イメージ

製品の詳細はこちら
無料体験版のダウンロードもあります