東京都が長屋に関する条例等について見直しを検討

東京都では、長屋に関する条例第5条等について、建物の安全性の確保や居住者の避難などの観点から以下の通り見直しを検討していますので、ご興味ある方は是非ご覧ください。



1.敷地内の通路に対する規制について
(1)建物規模に応じた通路幅
・主要な出入口が道路に面しない住戸部分の延べ面積が 300 ㎡*を超える、
又は主要な出入口が道路に面しない住戸が 10 を超える場合、敷地内の通路幅を現行の2m以上から3m以上とする
*ただし、主要な出入口が道路に面しない住戸がいずれも床面積 40 ㎡を超える場合は、当該住戸部分の延べ面積が 400 ㎡まで2m以上(現行どおり)
(2)建物規模にかかわらず設ける通路
・各住戸の主要な出入り口を除く開口部から道路に避難上有効に通ずる幅員 50 ㎝以上の通路を設置する
・避難階以外の階には、避難上有効なバルコニー又は器具等を設ける
(3)通路延長に対する通路幅
・主要な出入口から道路までの敷地内の通路延長が 35mを超える場合、その通路幅を4m以上とする

2.認定による適用除外について
建築物の周囲の空地の状況その他土地及び周囲の状況により知事が安全上支障がないと認めるものについては、1の規定によらないことができる規定を追加

3.区市町村の条例について
都条例に加え、区市町村による独自条例の制定が可能とする規定を追加



詳しくは、東京都都市整備局HPをご覧ください。

詳細はこちら
(東京都都市整備局HP)









2018年7月13日
生活産業研究所株式会社