コンピューテーショナルデザイン手法を展開する為のプラットフォーム 「Shimz DDE」の構築に技術協力


この度、清水建設株式会社の設計部門による独自のデジタルプラットフォーム「Shimz DDE」構築にあたり、 生活産業研究所株式会社が斜線・日影・天空率等のボリュームスタディ算定をシームレスに行うオリジナルツールの開発に協力致しました。

「Shimz DDE」は[シミズのものづくりDNAとコンピュテーショナルデザインの融合で期待を超える価値を提供する。]というコンセプトのもと、これまで独立していた多様なソフトの機能を1つのプラットフォームに統合・集約。企画からシミュレーション、プレゼンテーション、図面化までカバーするとともに、アルゴリズムを駆使したプログラミングによる新たなデザインアプローチも可能になります。



生活産業研究所株式会社では「Shimz DDE」を構成するツールの中で、30年以上の斜線制限・日影規制・天空率等の高さ制限解析の実績の下、ボリュームスタディ算定のオリジナルツールの開発に技術協力を致しました。





矢印 詳しくはこちらをご覧ください
(Shimz DDE サイト)






2019年8月30日 生活産業研究所株式会社