BIMツールとしてのADS

BIM

高さ制限解析専用システムとして30年の実績を誇る「ADS Family」は天空率・斜線・逆日影・日影解析機能を搭載し、ボリューム検討から確認申請まで集団規定の高さ制限解析のシミュレーションを進化させてきました。
そして、近年はCADとの連携強化が実現され、とりわけ3次元CADとの連携強化により、BIMツールとしてのADSは「設計者の思考を妨げることのないシミュレーションシステム」としてさらなる進化を遂げました。



cadmap.jpg



ArchiCAD-BT





このページの一番上へ


>トップページへ戻る