天空率を計算する上で非常に大切な要素として、適合建築物測定ポイント計算領域の生成が上げられます。この3つの計算条件を「手動」で生成するのか、「自動」で生成できるのかによって、シミュレーション時間に大きな差が出てきます。ADSは、各種自動生成により設計者の手間を省きます。
※審査機関等の指導による特殊な計算領域の取り方も、ADSでは任意に領域設定をして天空率計算をすることが可能です。

それでは、代表的な4種のケースでADSの自動生成機能をご紹介します。

「天空率とはどの様な制度?」という方は、[はじめての天空率ページ]を先にご覧ください。

今回、ADS体験版が新しくなり、敷地や計算条件の設定済データを同梱いたしました。ダウンロード後、すぐ計算機能を体験いただけます。
矢印 ADS-win体験版無料ダウンロードはこちら

4つの特徴

複数の領域が存在する場合 複数の用途地域にまたがる場合 廻り込み処理 入り隅敷地の場合



ADSでは、以下のように与条件と計画建築物を入力し、
天空率メニューをクリックするだけで・・・

建令132-2の領域
計算領域判定、適合建築物、測定ポイントを「自動的」に生成します。
*適合建築物・・・従来の高さ(斜線)制限を建物に置き換えたもの
(通常、計算領域、適合建築物、測定ポイントは手動で作成しなければなりません。)

また、各境界線からの領域確認や、道路斜線、隣地斜線、北側斜線もボタンで一つで切り替えが可能です。

■A道路の領域


■2A且つ35mの領域


■2Aを超えた範囲(道路中心から10m)の領域

天空率ボタンで切り替えるだけで、全て自動的に生成しています。


矢印 動画で確認[適合建築物と測定ポイントの自動生成(2Aかつ35mの領域分け)]


矢印 NEXT:ADSの天空率自動生成機能【特徴2】
複数の用途地域にまたがる場合