4つの特徴

複数の領域が存在する場合 複数の用途地域にまたがる場合 廻り込み処理 入り隅敷地の場合



ADSでは、異なる用途地域に計画建築物が跨っていても・・・

各用途地域ごとに自動処理により適合建築物
計画建築物、測定ポイントを自動で生成します。

■近隣商業地域側の領域(1.5勾配)


■1種住居地域側の領域(1.25勾配)




矢印 動画で確認[複数の用途地域に跨る場合]



矢印 NEXT:ADSの天空率自動生成機能【特徴3】
廻り込み処理