4つの特徴

複数の領域が存在する場合 複数の用途地域にまたがる場合 廻り込み処理 入り隅敷地の場合



奥に広がっている敷地形状の場合等の廻り込み処理の計算領域の設定



適合建築物及び測定ポイント両端は境界線の間口に合わせる。



適合建築物は両側の境界線まで延長し、測定ポイント両端は奥に広がったポイントに合わせる。
パラメータ設定により・・・






矢印 動画で確認[間口の考え方(東京方式/JCBA方式)]


矢印 NEXT:ADSの天空率自動生成機能【特徴4】
入り隅敷地の場合