■天空率・逆天空率・斜線・逆日影・日影計算システム ADS-win ネットワーク版

・ADSで作業するパソコンが共用機の為、作業効率が悪い
・ADSが動作するパソコンを、他の人が使っているため、なかなかADSが使えない
・ADS担当者が少ない(多忙)ため、各種チェックや計算が待たされる



ADS-win Lanpackが解決!

ADS-win Lanpackは、ライセンス数をサーバー(ネットワークHD等も可)で管理するため、どのパソコンからでもライセンス数だけ自由に使用可能となります。(クライアント側のインストールは何台でも可)
また、設計者一人ひとりのADSスキルを底上げすることにより、ADS担当者にかかる負荷を軽減し、業務効率化を目指します。そのため、弊社では、個人・設計グループ・新入社員などの方向けに、ADS基本操作や天空率シミュレーションなどの企業講習やスクールや天空率講座を承っております。


ADS-winのネットワーク対応版で、サーバーにシステムを置き、クライアントマシンでADSを稼働するシステムです。ネットワーク版なら、ライセンス 数の増設も簡単に短期間で行え、プロジェクトデータファイルの共有や、一元管理、も可能です。

スタンドアロン版ADSをご利用の方は、ネットワーク版への乗換も可能です。

※ ADS-win Lanpackは、通常のADS-winと機能的には全く同じシステムです。
ご不明な点は 一度、弊社営業までお問い合せください。
営業直通電話:03-5723-6461

スタンドアロン版とネットワーク版
ADSスタンドアロン版
スタンドアロン版は、パソコン1台に1本ADSが必要です。パソコン3台で使うためには3本のADSが必要となります。バージョンアップも1台づつ行わなければなりません。
ADSネットワーク版
ネットワーク対応版ADSなら、2ライセンスで、3台のパソコンどれからでもADSを使用することが可能(ただしADS同時稼働は2台まで)。バージョンアップも、サーバーのADSをアップデートするだけ(バージョンアップ内容によります)。



サーバー:Windows Server(推奨)または、ファイル共有が可能なWindows OS *NASも可
クライアント:VISTA/7/8/10(デスクトップモード)
標準価格: 570,000円(税抜) キャンペーン中
1ライセンス追加:150,000円(税抜)
スタンドアロン版ADSからLan版ADSへ移行費:200,000円(税抜)~
ADS-Lanpack版は同一建物内での動作のみを推奨しています。
サーバー機でのクライアントセットアップ及びソフトウェアの起動は出来ませんので、ご了承下さい。
お客様の環境で、ADS-Lanpackが動作するか無料でお調べ致します(都内近郊限定)。お気軽にお問い合せください。



「サーバーなんて高くて買えない」「管理できる人がいない」「サーバーはないけどネットワークは構築済み」というお客様へは、「NAS(ネットワークHD)」をお勧めします。
NASとは、簡単に言うと「ネットワークに接続できるハードディスクドライブ」のようなものです。このNASにADS-win Lanpackのサーバーシステムをインストールして共有しLanpack版として使うことができます。
NASは、ネットワーク初心者の方でも簡単に、設置・導入・管理いただけますし、弊社から、ご購入、出張設定(別途費用)もいたしますので、お気軽にご相談ください。
また「既にNASを導入済みなんだけど動くのかな?」という方は、事前に動作確認テストも無料で行います。
営業までお問合せください。
動作確認済み:BUFFALO HD-HLANシリーズ
*NASとは?
ネットワークに直接接続して使用するファイルサーバ専用機。ハードディスクとネットワークインターフェース、OS、管理用ユーティリティなどを一 体化した単機能サーバ(アプライアンスサーバ)で、記憶装置をネットワークに直に接続したように見えることからこのように呼ばれる。ネットワークに接続さ れたほかのコンピュータからは、通常のファイルサーバと同様、共有ディスクとして使用することができる。ファイルシステムやネットワーク通信機能は最初か ら内蔵されているため、システムへの導入や追加が容易で、異なる種類の複数のサーバからのデータの共有も楽に行なうことができる。