与条件設定

敷地入力方法
CADデータ(JWW、DXF等)背景によるトレース
画像データ背景によるトレース
座標入力
三斜測量図編集
サイトフォーカス
みなし敷地編集
自動みなし作成、任意作成
分割線
用途地域、高度地区、地盤面高は50領域まで設定可能
日影規則は150領域まで設定可能
緯度経度
日本国内設定可能(任意登録可能)
用途地域
新用途対応
高度地区
地区名選択(任意登録可能)
地盤面高
数値入力
日影規則
数値入力および通常規則時間からの選択
日照計算条件
太陽赤緯 24節気からの選択および数値入力
時刻法 新太陽時・中央標準時(近時差)
計算時間範囲 日の出〜日の入り内であれば可能
規則ライン距離 変更可能

建物編集

建築物
適合or計画建築物共、与条件から自動発生
適合建築物の後退距離指定による自動生成も可能
測定ポイント
算定領域と同時に自動発生及び任意編集
計算処理
システム計算及び求積計算の一括処理が可能
逆天空率機能
ナビ・自動カット・後退距離ナビ
算定領域
自動管理(領域及び測定ポイント)
回り込み処理
パラメータによる切替
任意編集機能
適合or計画建築物及び測定ポイントが可能
位置確認線
アイソメ図による確認が可能

斜線・逆日影

計算ケース
複数ケースの設定、計算可能
メッシュ数
1000×1000メッシュ
計算範囲
辺後退・エリア後退・建物後退
計算タイプ
斜線と逆日影(低層・高層)の組み合わせ
結果表示
アイソメ図・等高線図(2次元・3次元)・断面図(断面線複数本設定)

日影計算

日影形状図計算
1分刻みから・計算時刻任意設定可能
日影等時間図
追跡法とメッシュ法・1cmピッチから
1分刻みから・計算時刻任意設定可能
特定点日影
500ポイントまで(平面上、壁面上に設定可能)
ポイント毎に日差し曲線・天空図(半・天)が表示可能
基準倍率表・建物高倍率表示

印刷

対応プリンタ
Windowsに対応したもの(Windowsドライバ対応)
対応フォント
TrueTypeフォント・プロッタ内蔵フォント
出力図面
複数図面レイアウト可能

データ変換

フォーマット
DXF、ADX、JWW、各種コンバータ

動作環境(推奨)

OS(推奨)
■ADS スタンドアロン版 Windows VISTA/7/8/10(デスクトップモード)
ADS-win LanPack版(ネットワーク版)
 Windowsサーバー、ファイル共有が可能なWindows OS
 クライアントPC:VISTA/7/8/10(デスクトップモード)
解像度
1366×768以上
メモリ
512MB以上
システム領域
256MB以上
CPU
Core2Duo以上

価格(キャンペーンサイトはこちら

ADS-win
標準価格 570,000円(税抜)
(次年度以降60,000円+消費税の年間著作権使用許諾料が必要)
ADS-LAX
標準価格 250,000円(税抜)
(次年度以降40,000円+消費税の年間著作権使用許諾料が必要)
ADS-LA
標準価格 95,000円(税抜)
(次年度以降20,000円+消費税の年間著作権使用許諾料が必要)

ページのトップに戻る