逆天空率計算機能を搭載したADS-LAX

逆天空率は、日影規制シミュレーション時に行われる逆日影とは異なり、比較する元の建築物(適合建築物)がなければ算出できないため、更地の状態でのボリューム算定は実質的にできませんが、ADS-LAXでは、それらを補う形で、様々な逆計算機能により天空率シミュレーションをアシストします。


戸建・低層建築物等、日影計算機能を必要とされない方も!

ADS-LAXは天空率解析専用システムです。日影計算は不要という方、戸建・低層建築物設計の方へもおすすめです。






  天空率ナビ

 

"天空率ナビ"では、算定結果がアウトになっているポイント等からどの範囲(角度)が影響しているかが判るラインを算出します。指定されたポイントに対して天空率を「方位角(間口)」「仰角(高さ)」から安全率を考慮して逆算し、許容範囲となるラインを確認できます。また、計算されたラインで自動的にカットすることも可能です。更に、高さ(仰角)方向に関しては、クリアしているボリュームに対して何処まで積み上げられるかの逆計算も可能です。



  自動カット

 

比較元となる適合建築物の天空率を上回る計画建築物になるように自動的にカットする機能です。カットの際は方位角(間口)と仰角(高さ)に対して割合の設定が可能です。





  適合建築物後退距離ナビ

 

天空率を比較する元となる適合建築物は、立上げ位置により天空率が異なります。行政庁によっては、敷地境界線から壁面後退位置までの間であればどこで立上げてもいい場合があり、その際、最適(天空率が一番小さくなる距離)な後退距離を算出します。適合建築物の後退距離を予め指定されたピッチ単位で適合建築物の天空率を逆計算し、最適な後退距離を逆計算する機能です。








 天空率計算専用システムならではの自動生成機能!
 適合建築物・測定ポイント・計算領域を自動生成します。

 

ADSの天空率解析機能の一番の特徴は、予め条件設定された敷地形状及び都市計画情報等を元に 「適合建築物、計画建築物、測定ポイント」自動生成する機能です。
他の天空率手動型システム(JW_CAD等)は、建物などに変更があった場合、その再度手動生成が必要となり非常に手間がかかりますが、ADS-LAXは変更があっても自動で再生成されます。
また、行政指導での変更や計画変更時に際して、各種パラメータ等により瞬時に切り替わる機能など、単なる天空率計算システムではなく"天空率のシミュレーションが行えるシステム"としてご評価頂いております。








  ADS-LAXと各種CADとのデータ連動

 

コンバーター


      ※Jw_cadやSketchUpデータは、直接読み込みが可能となりましたので、
        ADSにデータをそのまま取り込んで、素早い天空率解析が行えます。





  ADS-win ADS-LAX ADS-LA
条件設定
DXF入出力
スキャナ対応
ボリューム計算
(斜線・逆日影)
   
斜線チェック
日影規制チェック
(簡易逆日影)
   
天空率計算
逆天空率計算  
日影・日照計算
(水平面・壁面)
   
ブロックシュミレーション
斜線・日影・天空率チェック・カット
ADS-win
マスプラン機能
   
ネットワーク対応    
価格 標準価格
570,000円(税抜)
*キャンペーン価格有り
標準価格
250,000円(税抜)
*キャンペーン価格有り
標準価格
95,000円(税抜)
*オンライン価格有り
備考   画面・操作は
ADS-winと
ほぼ同様です。
画面・操作は
ADS-winと
ほぼ同様です。

*ADS-LAXは、天空率・斜線・日影・逆日影システムADS-winの、「天空率解析機能」に特化したシステムです。(逆天空率機能搭載)


一番上へ




購入・お問合せ
(年間著作権料)

ADS-LAX
オンライン購入(キャンペーン価格)


初年度分の年間保守費用40,000円(税抜き)含む







   製品のお問合せ : 営業直通 TEL 03 - 5723 - 6461


 


次年度保守料

2年目以降は40,000円+消費税の年間著作権使用許諾料が必要となります。
保守契約について

※本システムは1台のパソコンにインストールしてご利用いただけます。複数台へのインストール・ご利用は出来ません。
※年間著作権料とは1年間の使用著作権料です。

保守料に含まれるサービス

会員専用の電話サポート(専用フリーダイヤル)とご契約者ページ(最新版システムを無料でダウンロードいただけます。)をご利用いただけます。
保守契約について

また、別途費用で、操作スクールや天空率の講座も行っております。
講座について


一番上へ