生活産業研究所(株)一級建築士事務所

コンセプト
事例について
費用について
見積依頼

■生活産業研究所株式会社の天空率解析請負サービスとは
斜線・逆日影のボリューム計算、日影図計算のシステムADSを開発・販売して30年。その間バージョンアップを繰り返し、2003年からは天空率計算機能を搭載しユーザー様へお届けしてきました。
しかし、この天空率は、設計の自由を拡げる法規ですが、解釈が難しい為、設計者の皆様は非常にご苦労されていると聞いています。
そこで当社は、天空率をもっと設計者に使っていただく為、2003年から全国で天空率解説セミナーを100回以上、毎月定期的に天空率解説講座を開講し、さらに天空率の解説本を自社出版・自社販売し、天空率を身近に感じて頂けるよう活動してきました。
そんな中、ソフト開発や天空率セミナー、天空率書籍を出版できるほど天空率を熟知しているなら、天空率計算業務を請け負ってくれないか?というご相談を多くいただきました。そのようなご相談を未ユーザー様だけでなく、ユーザー様からもいただくようなりましたので、2005年より天空率受託サービスを始めさせていただくことになりました。お陰様で、延べ700件以上の実績を上げさせて頂いております。

■登録
登録番号:一級 東京都知事登録 第24822号

■業務内容
業務内容は、天空率解析ソフトADS-winの開発・販売・サポートなど長年にわたって蓄積したノウハウを活用した、天空率、日影解析・計算・申請図書作成をおこないます。

■天空率制度とは?
平成15年1月1日より施行された改正建築基準法(以下、建基法)内において追加された制度で、従来の高さ制限(道路斜線・隣地斜線・北側斜線)となる建基法第56条に新たに第7項として設けられました。従来の斜線勾配等による仕様規定から、"天空率"という新たな指標を用いて高さ制限の緩和が可能となる制度(性能規定)の併用が可能となりました。
つまり高さ制限の新しい"ものさし"として、定められた天空率計算方法に従い、ある一定条件を満たした場合に限り、従来の斜線制限を超えた部分にも、建築計画が可能になります。
(但し、日影・高度地区の指定に係る斜線制限については緩和対象となりません。)
天空率の有効性







Studio LAX 生活産業研究所株式会社一級建築士事務所
TEL 03 5723 6462
FAX 03 5723 6455