かんたんサポートマニュアル

天空率用図形-測定ライン


Q

適合建築物を任意編集したい場合




Q

[天空率用図形]メニューの[ブロック編集]や[傾斜(斜線)]を利用します。 [ブロック編集]で、適合建物を編集後『計画建築物更新』より編集された適合建築物を元に計画建物を自動調整します。
また、[傾斜(斜線)] では入力済みブロックの上面に対して、斜線勾配に合わせた片勾配の設定が可能です。



YouTube 参考動画[天空率適合建築物の編集から計画建築物更新]



YouTube 参考動画[傾斜(斜線)・測定ライン・ブロック編集]












キーワード
適合建物,ブロック編集,反映,勾配,幅員,道路